Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中津渓谷~お伽~

四国進出2日目午後のお話^^

目的地:中津渓谷
アクセス:R33→案内に従い大きく右折
駐車場:完備

まずは腹ごしらえ。
ここまでの道のり、
初日は昼にキンメ丼、夜にカツオの塩たたき丼
と魚でしたが、今回も…
湯の森という入浴施設内にあるPONTEというお店で
田舎定食 を食べました。
  田舎定食
どうしてもあめごの煮付けが食べたくて笑
あめごなんて都会暮らしには聞かへん言葉。
興味津々ヽ(^。^)ノ
  
お味はというと、さらっとしてて、身も柔らかくて食べやすかったです。
他はこんにゃくやら山菜やら、、、そろそろ肉が恋しくなってきたなぁ(+_+)笑
食べたら、入渓!中津渓谷1

渓谷内には七福神の石像がいるのでそれらを探しながら歩くのも楽しいかと。
私はパスしましたが笑
  中津渓谷2
とは言え、そのうちの一人が笑中津渓谷3


中津渓谷4  
にしても、水がきれいの一言!中津渓谷5
わが心も純なエメラルドグリーンに澄んでいくような、、、笑
  
        中津渓谷6
そして、自然をうまく利用した遊歩道が少年の心をくすぐります♪
  
そうしているうちに、紅葉滝
    中津渓谷7紅葉滝
赤い岩が特徴的なか細い姿をしています。
しっかりとした姿は雨後にしか見れなさそう(*_*)

さらに先に進んでいきます♪
  中津渓谷8
こんな小さな隙間を潜り抜ける楽しさ笑
奥には滝があるそうな。(知ってるくせに。)

  中津渓谷9

  中津渓谷10
さらに、わくわくが増してくる遊歩道。
FFとかマリオとかそういう世界観中津渓谷11
\(^o^)/
    中津渓谷12


そして、橋の先に待ち構えてました(^o^)
  中津渓谷13

雨龍の滝
    中津渓谷14雨龍の滝


滝が岩壁に囲まれていて音がこだまする!
分岐しては合流してるその姿にも魅せられる!
五感で楽しめる滝\(^o^)/
こういう滝はなかなかないんちゃいますか?(*^_^*)

撮影ポイントが一ヵ所のみなんで写真これだけにしますけど、
滝前に結構いました。
ゾクゾクってくるもんがありました!
こういう出合い求めてたんよー!笑




さらに上流に行くと、中津渓谷15

展望台かい!中津渓谷16展望台
しかも入口から結構歩いたなーってのがわかるだけの。


じゃなくて、竜宮淵
  中津渓谷17竜宮淵

淵を拡大するとやね中津渓谷18淵拡大
ここから亀が竜宮城へ、、、?


さらに遊歩道を進みましょう。

そしたら、分かりにくいけど、
結構な落差のある無名瀑がひとつと中津渓谷19無名瀑

赤い岩肌をカーテンのように流れる無名瀑中津渓谷20無名瀑
いや、カーテンちゃうなぁ。
なんやろなぁ。
もうなんでもいいわ。

そして、登場!石柱
  中津渓谷21柱石
6万年という長い長い、長い長い歳月の中で水に削られ続けてできたらしいです。
間に挟まってる木の幹気になるけど、美しい!
素晴らしい!

渓谷案内はここまでですが、
石柱から少し(100m)上流に歩くと、道路からですが、
二ノ滝
  中津渓谷22二の滝がみれます。


その他、つり橋
  中津渓谷23つり橋

岩門石という拝むと力と幸運を授かる岩があったり。
  中津渓谷24岩門石



こちらの中津渓谷は、素晴らしい渓谷美と遊歩道を持ち合わせていて、水も滝も素晴らしい!

歩きやすく1.5時間もあれば一周できるお手頃な観光地です。
四国に寄った際は是非よってみてください♪
個人的にも快晴の日にまた行ってみたいなぁ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぱる

Author:ぱる
偶然な出来事から滝100選をマスターする気になった一人の青年の滝巡り紀行。
当初の100箇所以外にも滝に行くようになり、
とてもブログを綴り切れなくなりました。
なのでHPもご覧ください。
http://palmap.web.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。