FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013滝見納め~里山~

何だかんだと慌ただしい日々が続いておりますが、そんな中でも今年度最後の滝巡りをして参りました。

本日もお付き合いください。笑

訪問地:八王子裏高尾、相模原市、愛川町



AM9:45
すっかり意気投合した(と思ってるのは自分だけやったりしてw)、いせさんに拾ってもらい、まずは、前週辿り着けなかった小仏滝へ。

次に、前回訪問の不動滝によってから、旧津久井町方面へ。
1ヶ月で3回もてどんなけお気に入りやねん俺。笑

地図片手に助手席でナビして到着。荒久1

橋を渡った直後のところで、車を降りて、長靴に履き替えます。

下から川を下っていきます。
ちなみに、上でも下でも途中合流し、もうひとつの川と合流するところから、
  荒久2

その川を遡上。
そして、10分ほどで到着です。

荒久の滝
    荒久の滝

時間帯によっては生活排水も混じってるとこことですが、見た目はきれい、、、。
あとは、完全にサチっちゃってる時間帯(^^;
   荒久の滝虹拡大
虹がかかってたのはハッピーですが、これ以上は無理だと判断して次なる土地に向かいました。



荒久から20分ほど車を走らした住宅地が次なる舞台。
二人の収集した情報を組み合わせてここだろうという大島ヤツボ
  かがみ1

を降りていくことに。
ちなみに車はそばに適当に(;・∀・)

そしたら水が湧いてるところに着きます。
その後も進み、左手にこのかがみ2
チェーン?があるところを跨いで進むとなにやら立派な石碑があるんですねえ。

ちなみに俺らは下まで降りすぎたせいで、この石碑まで最後登るはめになりました。笑
  かがみ石碑
この裏にあるのが、かがみの滝です。
      かがみの滝

岩野隙間を縫うように流れる姿はきれい。
ここにも虹が\(^o^)/かがみの滝横

拡大っかがみの滝横虹拡大

とはいうものの、
滝のこの荒れ模様。
案内のなさ。
滝前の立派な石碑。←

変態以外は来ない方が良いでしょうねw
変態も2度は来ないでしょうw
ど変態は来ます、きっとww


この地を離れ、二人は愛川町へ。

塩川、大沢の再訪後、あのパン屋さんにて昼食。


ということで、注目のレポートここから。↓
ここのパン屋なら通ってもいいです、わたくし。笑
ここは餡パンを売るブース、あげパンを売る屋台、惣菜パン菓子パンを売る店舗、コーヒーを売る車、の計4つの店と客引きの看板係りが協力してんのかはさておき、相乗効果で売上好調のようです。

前回餡パンを食べたので、

相模ハムかつのロールパン¥168相模ハムカツサンド

塩バニラクロワッサン¥147

あげパン¥100あげぱん

を召し上がりました。

ハムは塩が効いていて、かつにありがちなソースで誤魔化す、ということもなく地元食材を活かしたナイスな風味。

塩バニラはしつこくない甘さ。

そしてそして、あげパンは!あげぱん包
注文後目の前で揚げてくれる神奈川フードファイト金賞受賞の渾身の一品(о´∀`о)

なんといっても年末にも関わらず、広い駐車場に常に車が入っている盛況ぶり。

パン好きなら一度は寄ってみたい一店なり。




ってことで、続いて手探りで訪問したのが宮ケ瀬滝位置

A:大月沢の滝
B:不動沢の滝

旧大手コンビニの裏に入ったさきです。
大月沢は近隣の地元のかたの敷地内に車を停めさせていただき、
滝坂滝坂

を上った先にありました。
大月沢の滝
  大月沢の滝

不動沢の滝
       不動沢の滝

不動沢さんは、滝に近づくにも葉っぱが滑って危険。
撮影しようにも水がなくて不機嫌←

(´・ω・`)


続きまして舞台は緑区に移ります。

まず目指したのが寺入の滝。
梶野交差点を左折して旧道志みちに入って、Uの字になる手前で駐車。下に廃屋が見えるので人工のスロープを降ります。


がしかし、ワンワン!
「この先には進ませねえ。」とでもいうように沢に向かう細いみちにいる番犬くろ。
その先には明らかな滝の音、音、音!

くろと闘う術を身に付けておけばよかった、、、。
結局、別ルートも見つからず、寺入は流れることに。

そのまま旧道を進んで西沢の橋の上で再び停車。沢の下流にいることはわかっていた。しかし、沢におりるみちもなけりゃ、滝の音を聞こえない。時刻は16時前。もはやここまでか、2013滝巡り。

あの湿っただけのちょろりが今年最後に、、、!?










結局、手がかりを見つける前に陽が山の向こうに沈んでいきました。





しかーし!
そこで素直に引き下がるような二人じゃありません。←
夜景が最もきれいに見えるのは日の入りかり15分ほどあと。
滝だって、、、w


一か八か?一番近くの滝へ!

新道志みちに戻って神ノ川キャンプ場を目指す二人。
ただ、素直には向かわせてくれないのが冬の山道。
東京ではまだ雪は観測されてへんから、と思っていたが、進むみちは所々白かったり凍ってたり!Σ( ̄□ ̄;)
何よりも大切なものは己の丈夫な身体。健康あっての滝巡り。暗くなって滝が見えんくなっても無事故なら素晴らしい明日がある!←
慎重に、慎重に、車を進めます。
俺は助手席でひたすら見守るのみ!笑
進行方向先に見える山は真っ白。

そんな中、たどり着いたのが地元住民の水汲み場にもなってる、エビラ沢大滝
                 エビラ沢の滝F12

お、おー!
これはいい!小さくF2の滝も見える。

さぁ、滝壺へ♪エビラ沢の滝F1


上から下まで岩肌に沿ってまっすぐにきれいに流れてる姿は美しい\(^o^)/
私、それ以上に気に入ったのがこの滝壺。
  エビラ沢の滝壺

丸く囲まれていて包まれてる感じ(*^^*)


にしても、この感動が写真に全くといっていいほど映らないのはなんでや!!

この悔しさは訪問した人にしかわからない。笑
滝の流れのすぐ横もそうやけど、下流、凍ってる。
  エビラ沢の滝氷

ナチュラルパワー素敵。


その後、相模原いやしの湯にて疲れをとって帰路につきました。

一時は年間最後の滝が、ただ湿ってるだけの滝とも言われへんネタで終わるところでしたが、満足のできるきれいな形で2013年を締め括ることができました。

これもひとえに同行してくださったいせさんのお陰です。ありがとうございました。

ちなみに、途中で一眼のレンズが故障してしまい、素人目にはどうしようもない状況になっちゃいました。
7500円くらいするらしいです。

(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)
スポンサーサイト

Comment

2013年お疲れ様でした!! 

お疲れ様でした~。
自分にとっても、2013年最後の滝巡りでした。

にしても....
自分のスタイルで滝を回ると、日記、
すごく長くなりません?(笑)
間接的にもご迷惑おかけしました。

「かがみの滝」
おいらは、ど変態ではないので、
再訪問はしないですよっ(笑)
とはいえ、変態の枠は否めないなぁと、
日記を読みながら、自分自身を再確認。

それと、自分も「意気投合した」って思ってますよ!
いろんなスタイルで変化球の滝巡りに
なるかもしれませんが、
これからもよろしくですv-218
  • posted by いせ 
  • URL 
  • 2014.01/07 19:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

2014年もよろしくです! 

日記も旅をうまく凝縮させることが増えそうですね笑

まぁ、まだ変態の域ですよね(^v^)
おかげさまで、自分ひとりの時の滝巡りの在り方も変わってきています。
今後ともよろしくお願いします。
青梅のリストありがとうございました。
  • posted by ぱる 
  • URL 
  • 2014.01/07 19:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぱる

Author:ぱる
偶然な出来事から滝100選をマスターする気になった一人の青年の滝巡り紀行。
当初の100箇所以外にも滝に行くようになり、
とてもブログを綴り切れなくなりました。
なのでHPもご覧ください。
http://palmap.web.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。