Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梶野沢の滝~湧々~

前半、八王子の滝から続く あーだこーだ迷ったあげく、再び南下。 遅めのお昼をいただいたあと、 まずたどり着いたのは寒沢の滝。            寒沢の滝 r413を進んで、、、。 自分で運転しないと道って曖昧笑 路肩に車停めて30秒しないくらいで姿を見せます。 お二人には再訪の地ということでしたが、 言われる通り、きれいで整ってる滝です。 見る角度や視点を少し変えるだけで色んな姿を見せてくれます。 職業を当てはめるならモデルというのがぴったりな気がします♪笑   寒沢の滝落ち口 三脚を持ってるとここでもグルグルが撮れるんですね。お二人は撮ってました(^o^) いつかきっと、、、← 続いて、いせペディア、マイナー度★★★★☆という道志川を遡上する滝へ← そもそもスタート地点が分かりにくいっていう。 今回、車は津久井高校方面から進んできて、r413方面に進み、右手にスズキのショップがあります。 その隣の空き地に停めました。 そこでスパイク長靴に履き替えて、さらに青野原方面に少し進むと、民家の前の砂利道に入ります。   梶野沢入口 轍に従って進んでいくと、木々が見え、さらに進むと、電信柱があります。そこから左右に道が分かれているので左に下ります。 ここまで車から4,5分 林道を進むとで再び分岐です(6分)。 真っ直ぐか大きく大きく左に曲がるか。後者をとります。 大木を跨いだり潜ったりしてそのまま道を進むと虎ロープが固定されたところに(11分)。 ここが道志川へ降りる道です。梶野沢1 気を付けてね。 手が弱い?人は軍手があると便利です。 川に降りたらひたすら遡上。梶野沢2   梶野沢3 今回同伴した皆さんの後ろ姿。 訪問時は時間が時間。少し暗いのは勘弁を^^;    車から25分弱で右岸に無名滝が。    梶野沢すだれ滝 これだけしっかりしてる滝なので、ということで いせさんがすだれ滝、と命名。\(^o^)/パチパチ その先2分ほどで左でから支流が見えます。 梶野沢4 ここを左に曲がっった先に潜んでいたのが、梶野沢の滝!                 梶野沢の滝 おおーっ! 皆が満足。笑 水量が申し分ないこと、 ノーマークやったってこと、 何より、手探りで不安の中たどり着けたってこと! この日一番の滝に出会えました(*^^*) 拡大っ。 上段18m梶野沢の滝上段 下段8m梶野沢の滝下段 滝壺梶野沢の滝壺 この滝の前でご飯にでもしたいが(何も食べるものないが)、もう16時を回っていたので、 分岐を道志川上流に進んだところに見えたもうひとつの無名滝へ。 5分弱で到着。梶野沢霧降の滝 またまたいせさん命名、霧降の滝 滝って、 水量が多くて、音が大きくて、高さがあって← ってのが良いと言われる傾向があるのかもしらんけど、この滝に関しては水量が少なくて静か故に美しく心に残る。 滝って奥深いです( ^∀^) 車に戻れたのは17時過ぎで、山道は暗闇に包まれているころでした。 こういう滝めぐりもいいなと(^○^)
スポンサーサイト

Comment

いせペディア 

どもども。
お疲れ様でした。
日記での「いせペディア」の引用、
ありがたいやら、お恥ずかしいやら。

自己流での滝巡りで、なかなかメインらしい
メインのない旅ではありましたが、
楽しんでいただけていたら光栄です。

またご一緒しましょうねv-81
  • posted by いせ 
  • URL 
  • 2013.12/28 21:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぱる

Author:ぱる
偶然な出来事から滝100選をマスターする気になった一人の青年の滝巡り紀行。
当初の100箇所以外にも滝に行くようになり、
とてもブログを綴り切れなくなりました。
なのでHPもご覧ください。
http://palmap.web.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。