FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東椎屋の滝~包囲~

九州旅行記6

目的地:東椎屋の滝
アクセス:九州横断道路を進む。
駐車場:有料有

別府をあとにして烏帽子山を回っていく。
これがまぁ素敵なドライブコースで(^w^)
途中には夜景百選スポット 十文字原高原 もあった!
ここから見る夜の別府…(*^_^*)
さぞロマンチックやろうな♪ ってところです!


看板があったので迷うことなく東椎屋の滝方面に進めた。
そして東椎屋の滝無料駐車場の看板があったのでそこに停めた。
  東椎谷P

しかし、ここは有料やったような…なんて思いつつ滝を目指す。
すると俺が停めたところを少し上ったところに有料駐車場があった( ̄▽ ̄;)
いくらかは知らない。
そんなことは気にせず、渓谷に入りますよ~。
  東椎谷入口
白い棒の右手が入口(^^)
  東椎谷1
滑りやすいから足元注意!ってのはどういうことだか…
まぁ落石注意はよくあるよなー。

  東椎谷2
入って歩いてみて納得やけども、まぁ道が濡れてて滑りやすい!
素直に看板の言うことに従おう。
  東椎谷3
サメが泳いでるようにも見える(^○^)
渓谷の明るさやら雰囲気は夕方のせいでしょうか?
それともサメのせいでしょうか?

遊歩道のすぐ左は小さな崖のよう。
  東椎谷4
  東椎谷4 5
なんか、FFなんかに出てきてもよさそうな道に思えてしまいます。笑

渓谷を5分ほど歩くと到着です、東椎屋の滝
  東椎谷の滝1
写真ではわかりづらいけど、直瀑の滝が岩壁に囲まれてます(゜o゜)
そのせいか、ずっと風が音を立てながら吹いてます。

ただ、こうも滝が囲まれていると正面からだけでは満足できなせんよね?
正面左方向へ進んでみましょう!
ただ、道はないです。
  東椎谷7
この岩の群れの真上は…
  東椎谷8

歩いてみるとわかる(後の写真と比較すればここでもわかる)けど、この岩たちに苔が生えてへん!
まだ崩れて間もない…つまり、今崩れてきてもおかしくない。

まあ、慎重に進みましょう。



進むのはこの辺まで。
  東椎谷6

ここからの滝は、東椎谷の滝2
滝に近くなった分、風圧も強く、感動も大きい!!

さて、左手をクリアしたら次はもちろん右手ですよね。
正面に戻り、右手に濡れずに行ける場所を探します。(右手に進むには滝壺から流れる渓流を越えなあかんため。)
靴のまま行けるところを見つけました。
進んでいき、右手の山?を見上げると、
  東椎谷9
滝の近くには一際大きい岩が転がっていたり、こちらも危険は承知。
   東椎谷の滝3
こちら側は風に乗って水しぶきが襲ってくる!←
そのためさっきの巨大岩に隠れてカメラをセットしてから撮影!

  東椎谷の滝落ち口

それでは、正面に戻って滝壺を堪能しよう。
  東椎谷の滝壺

滝壺は広く深く丸い。

こうも滝を楽しんだものの、そこにいてなにか落ち着けない雰囲気は少し漂ってました(^^;
とは言え、落差85m の直瀑の滝、その場の雰囲気も含めて良いところやなと思わされました(^o^)

さて、あと一つあるし、車に戻ろう!
  東椎谷5

店で買い物した人は無料なんて言われたらたまらんから静かにさーっと…笑
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぱる

Author:ぱる
偶然な出来事から滝100選をマスターする気になった一人の青年の滝巡り紀行。
当初の100箇所以外にも滝に行くようになり、
とてもブログを綴り切れなくなりました。
なのでHPもご覧ください。
http://palmap.web.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。