Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西椎屋の滝~滝壺~

目的地:西椎屋の滝滝壺
アクセス:から滝の先
駐車場:広いスペース有



なかなか更新できず。。。
さて、これは2016年の2月の出来事。

以前から滝壺に行ける道がある、と
滝友から話を聞いていて気になってた場所です。

ひとつ前の記事「から滝
の駐車スペースのさらに奥にあります。

から滝をあとにして、西椎屋滝壺1
奥へと向かいます。
  

さあ、終点に到着です。
  西椎屋滝壺2

目の前には、、、
   西椎屋下流小滝
  西椎屋滝壺2無名滝
として紹介します。


では、西椎屋滝壺3
ここからスタートです。

とりあえず川沿いに進もうと決めて進むも。。。
  西椎屋滝壺4

  西椎屋滝壺5
道がー。。。笑

渡れる場所ないかなーて進んでたら、
  西椎屋滝壺6
さっきの車道に戻ってきました( ̄▽ ̄)
(※緑矢印が駐車場です。)
ここ(赤)が滝壺への入口なのですね。

距離はそこまでないから簡単です。
  西椎屋滝壺7
とりあえず、
踏み跡とか赤テープ頼りに西椎屋滝壺8
川沿いまで進んで、

    西椎屋滝壺10
途中川に出ます。

ここからはダム放水のタイミングによっては注意が必要です!
濡れるの覚悟だそうで(゜゜)


しかーし。


自分はほんまにタイミング良かったみたい♪
  西椎屋滝壺9
大きい岩をうまいこと使って、
濡れずに左岸側に渡れました。

滝はすぐそこですよ!!



            西椎屋の滝 滝壺 到着ー!
    西椎屋滝壺11

落差77mやったっけ?

(↑どんなほらふいとんねん!笑)

86mです。

直下から見たらまったくそんな風には見えません。

いやはや、それでも迫力は見事なものです。
しかも、上の展望台へ階段上り下りするのと
時間もかわらへんし、
へたすりゃこっちのが体力的に楽という。。。


  西椎屋map
駐車位置の確認です。

おしまい。
(*^^)v
スポンサーサイト

から滝

目的地:玖珠町日出生1802付近
アクセス:R387より小道に入る
駐車場:路肩

大変長らくお待たせいたしました!
かれこれ、10カ月かかりましたが、ようやくルートを記そうと思いまして(^^♪


振り返りながら綴ってますが、

この滝の存在を知ってから
早く行きたい行きたいと思うだけ思っていてこのタイミングでした笑

さて、駐車位置はこちらです。
(下は拡大Ver.)
  からmap1

  からmap2

車を停めたら歩いて引き返します。
  から1

途中、憧れの滝が遠目に!から0
期待で胸が高まる~(^◇^)


左手に民家があり、
  から2

ここをから3
藪の中へ入っていきます。


といっても、歩きやすい方です。
  から4


用水路?溝?から5
に沿って進み、


梯子を登ってから6


斜面を降りーる笑
  から7


用水路に沿ってから8
再び歩くと、、、


じゃじゃじゃじゃーん!( ;∀;)
            から滝(別名:夫婦滝)
      から9

ついに!

御対面!!


写真で見た以上の素晴らしい滝です。

なんで、これが百選じゃないんか不思議なくらい。
  から10

落ち口アップ♪
  から11

それぞれの流れを拡大!
  から12 から13


さらに右側に。。。
  から14
なんていう岩壁(゜_゜)
こっちにもすごいと感じちゃう。

ここにどれくらい滞在してから15
何枚写真撮ったことか笑

大分県下トップクラスの名瀑を後にして、
このまま西椎屋の滝滝壺へ行くことにしました。

雨乞の滝~雨来?~

目的地:雨乞の滝
アクセス:徳島市街からR438を走り、道の駅温泉の里神山を過ぎてまもなく左折
駐車場:完備(無料)

いやー。
とってもお久しぶりです。

なんせ出張で3カ月近く空けてたもんですから^^;

今回で78か所目の100選滝。
そう思うと少しずつ当初の目標に近づいてますね♪

一方で、今年訪れた滝は現時点で昨年の10%ほどという。
ま、マイペースにやります。

てなわけで、車で帰省し、大分に戻る途中に寄ってみました。

R438から左折するところの案内が目立ってへんかったのを覚えてます。
駐車場はここ雨乞い2
の手前にもありました。

地図雨乞い1
を確認して出発(^^)/(クリックで拡大)
というか100選やからということで下調べせず、ましてや天気も気にしなかったのは
どこのど素人かと言いたくなるような行き当たりばったりやったんはここだけの話笑

新緑が深い良い季節です。
  雨乞い3

        雨乞い4

どれが最初の滝やろーて
歩いてたら看板雨乞い5
がありました。

うぐいす滝
  雨乞い6うぐいす滝

左右に分かれて流れるのおしゃれやな♪
左側は角度変えて流れてて、もう少し上から見てみたい。
なんて贅沢なこと言わへんけど(^v^)

ここの遊歩道は歩きやすいです。雨乞い7
所々傾斜きついとこはありますけど。

途中、滝っぽい姿を確認したので
道をそれる。雨乞い8


無名滝
  雨乞い9無名滝下段
こいつは下段。
無数の枝が邪魔やん( 一一)笑

左岸のプチガレ場雨乞い10
を登っていけば上段!
  雨乞い11無名滝上段

ちゃう角度から↓
  雨乞い12無名滝上段
放物線描いとりますな(^w^)


その先に、不動滝
  雨乞い13不動滝
隣の岩が印象的。
てかやっぱここ水きれい♪
水がきれいだけで滝の良さ3割増し笑

滝を左手に見て進みます。雨乞い14


そして、ここで雨乞い15
左岸から右岸に渡ります(赤矢印)。
が、青矢印の方向に小滝の姿を確認(^0_0^)
そりゃ行くしかないやろってことで、行ってまいりました。

1分もかからずです、支流無名滝

上段
  雨乞い32支流上段

下段
  雨乞い33支流下段

なんで上のほうが水が多く見えんのやろ?
下のほうが苦労して正面来たのにー笑

てな感じで本道に戻って、地獄淵
  雨乞い16地獄淵
遊歩道からはほっとんど見えへんねんな(^_^;)
てなわけで道それまーす笑
  雨乞い18地獄淵

  雨乞い17地獄淵

  雨乞い19地獄淵

この上にも一本あるんやけど、一番遊歩道よりを落ちてて
天気も崩れそうやし諦めました。。。


またまた左岸に戻る頃、雨乞い20もみじ滝全景
なんとも素晴らしい景色が目に入ってきました。
総落差20数mってとこかな。

地図に載ってる滝はこの一番上の奴です。
ということで、雨乞い21

  雨乞い22もみじ滝下流


もみじ滝 2段だそうで。
  雨乞い23もみじ滝
ここは次から次へ飽きへん♪
滝のなかなかのものばっかやし(^o^)/

終盤です。雨乞い24

と、対岸を見たら雨乞い25
大雨の後にだけ幸せが訪れそうな岩肌笑


観音滝
  雨乞い26観音滝
こういう姿の滝、やっぱいいですよねー♪
美しく見える。


そして、肝心なとこで写真撮り忘れましたが、

到着ー♪ 雨乞の滝
  雨乞い29雨乞いの滝
おー!
ええやん!!

久々の大滝を前に思わず声が出る。
なんか、乙原とか連想させますね。

こちらが雄滝
  雨乞い27雄滝

そして雌滝
  雨乞い28雌滝

女の子のほうが背が高いカップル。
男は飾り気がなくまっすぐ。
女はお洒落して美しくて、見とれちゃう。
何これ笑

正面から雨乞い31雌滝

んで、鎖を発見する私。

お天道様と相談し、登ることを決意。

ちょっと滑りやすいから気付けながら進んで、
  雨乞い30雌滝上段

上に登るって気持ちいい(*^_^*)

というわけで、当初の予定より30分以上時間がかかりましたが、
充実した満足した滝めぐりでした。
なにはともあれ、雨降らんくて良かった。

チューリップフェスタ2015~新聞~

目的地:緒方総合運動公園
アクセス:R502を三郎大橋北(ファミマ有)で右折。あとはまっすぐ。
駐車場:完備

今回は先輩家族と一緒にチューリップフェスタに行った時のことを。

道の駅原尻の滝で毎年催されるこのイベント。
土日はマイカー規制かかるため運動公園で駐車。
往復\100でシャトルバスで行きます。

4/4この日はフェスタ開会当日ということで、
テープカットしてたりで、普段見慣れない
(山の中におるからそりゃそうや笑)
光景に私も楽しんでました。

先輩の1歳の子供に好かれてしまい、
一緒に手つないで「あっち!」
って指さす方向に行くわけで。
行った先チューリップフェスタ1
で、「すみません。夕刊の記事の写真撮りたいんで。。。」と。

大分合同新聞の記事

新聞デビューしちゃいました笑
先輩の子供のおかげです。

もちろん、春の原尻の滝もみてきました。
  チューリップフェスタ2原尻の滝

大分市内は見ごろなのに比べて、
葉桜になりつつありましたが、
  チューリップフェスタ3

椎茸食べたり、
チューリップソフト食べたり。
春を満喫した一日となりました。

裳裾の滝~別府~

目的地:別府市立浜脇中学付近
アクセス:R10を東別府交差点の次の信号から高架下を通って。。。河内バス停へ(^_^;)
駐車場:路肩(探すの苦労)

大分での初休み。
午前中ぐだぐだしてたけど、もったいなくなって
別府の滝を攻めました。

・乙原の滝
・白糸の滝
・裳裾<もすそ>の滝

今回は3つ目についてレポートです笑

まず、浜脇中学の裏?山側に行きます。
結論から言うと、滝は中学の西側に流れる川にあります。

なかなかわかりづらく、迷子にもなりましたが(^_^;)
中学裏側の道は狭いです。
自分の訪問時はr51にあるバス停付近でトンネル工事をしてて
その端のスペースに停めさせてもらいましたが、トンネルが開通したら
どこに停めるんでしょうか。。。

そんなことを考えつつ、河内のバス停裳裾1
からの案内です。

階段を下りて、裳裾2
十字路はまっすぐ行きます。

道は左に下っていきます。
ここが一番狭いですね。
  裳裾3
軽なら、ここ(赤丸)に停めることが可能な気はしますが。。。

その先左手に、河内渓谷裳裾の滝への入り口があります。
  裳裾4
道は1本なので迷うことはないです裳裾5

が、私は橋の下流に見えた滝へアプローチしました。
  裳裾6
落差2-3mの小滝です。

そういえば、裳裾7
これを見たら焦るでしょうね(^_^;)
昔の防空壕の跡だそうです。

過去には多くの観光客も来ていたそうだが、
2度の台風によって滝の姿も変わってしまい、
いつしか、人の入らない渓谷になってしまった。

しかし、遊歩道はきれいです。
  裳裾8  裳裾9


では、裳裾の滝
  裳裾10裳裾の滝

別名鬼女ヶ淵滝
滝の姿が変わったとはいえ苔が滝を際立たせていて、
いい姿をしてると思います♪

下流です。裳裾11


一応、地図載せときます。
東別府駅からの距離感もわかると思います。
  裳裾案内


龍宮岩・鬼清水~足冷~

目的地:龍宮岩・神代の鬼の穴
アクセス:R181を北上、勝山に入って左手に見えてくる。
駐車場:有

神庭の滝を見終え、如水庵でうどんを食べた後、
何やら珍しいものが見れるということで、ここにやってきました。
  神庭の滝1

ということで下流に進みます。
  龍宮岩2
              龍宮岩3
     龍宮岩4
石灰岩のでこぼこが自然の神秘を象徴してるかのよう。
  
そして、珍しいの。鬼清水
  龍宮岩5鬼清水1

石灰岩の岩の中を冷たい湧水が流れでてくるんです!!
ここまでは道があるんですけど。
反対から撮影するには、この先、水の中を歩かなあかんという。
3月中旬には鬼のような裁き笑

顔を歪ませながら裸足になって進みましたよ。
冷たくてなんか痛いというか(^_^;)

そして、
撮りました!龍宮岩6鬼清水2

水の中に足をつけてられるんも1枚撮るだけの時間のみ!
それ以上は体が悲鳴をww

せっかくやから、何回か撮って、
その度に水がら出てを繰り返し、
最後に湧水を飲みに行きました(*^_^*)

冷たくて美味しくて♪
(ネット情報によるとここより野土呂の湧水のが冷たくてうまいんだとか)

そして、上流に戻ると、龍宮岩
  龍宮岩7

この奇岩の創り出す世界が、竜宮城にも見えるんだとか。
  龍宮岩8

上流部龍宮岩9



龍宮岩の滝
    龍宮岩10滝

しばらくこのあたりでまったりしてました。

神庭の滝~不渉~

目的地:神庭の滝
アクセス:久世IC→R181→R313→r201 (案内ばっちし)
駐車場:完備(入場料\300)

こんにちは。
実は実は2015年になってから百選の滝に行ってなくて^^;
今回、大分に配属になったということで、実家から車で行く途中に
岡山で遊ぶことにしました。

目的地まではさすが、県内唯一の百選だけあって
案内がしっかりしてます。

R181の途中には足尾滝の大きな看板も。
こちらは割愛しますが、簡単に行けたわりに素晴らしい滝でした。

さて、今回の百選滝。
他に2つ下流に、2つ(無名)上流にあるという下調べをしました。
  神庭の滝1
↑クリックで拡大

1つ目は駐車場から後ろに進んですぐにあります。
滔々の滝
  神庭の滝2滔々の滝
落差7mの2段の滝です。
道路から簡単に見れるんやけど、
ちょっと枝が邪魔してます。

にしても勢いがあって、
上流が楽しみです。

  

本日は大晴天なり。神庭の滝3
渓流沿いを歩くのも久しぶりでテンションあがってました♪
  神庭の滝4
シーズンになるとマムシがでるそうな。

そして、
看板が見えてきました。神庭の滝5

拡大しましょう。
  神庭の滝6

はい!2つ目の玉垂の滝です。
  神庭の滝7玉垂の滝

かわいい感じですね。
でも、なんかこの場所に合ってるんですよね。
不思議笑
  神庭の滝8玉垂の滝2
ついでに反対側からもぱしゃり(^u^)
眩しくて思い通りに撮れません。

ここで、見つけちゃったんです。
  神庭の滝9ヤマメ
かなり拡大しました(^_^;)
ヤマメですよね?
なんか出会えて嬉しかったです笑
というわけで、先へ進みます。
  神庭の滝10

見えてきました!神庭の滝11

さすが、100m級は遠くからの迫力がちゃいますね(^w^)

手前には
力強い流れ。神庭の滝12
  神庭の滝13

  神庭の滝14

この岩の階段の先に。。。

落差110m、神庭の滝
    神庭の滝15神庭の滝全景

でけー!!!!




とそのパワーに圧倒される予定で来たわけですが、、、
あれ?
ここまでしか行かれへんの??
という現実(^_^;)


しかたなく、右側の崖を少し登って
  神庭の滝16神庭の滝


よく見たら対岸に祠があります。
  神庭の滝17
さらに、写真では伝わらへんけど、
ロープが張られてるんですわ。

たどりついた答えは、

「雪解け水のせいで増水してしまったため、
普段は辿りつけるメイン部分直下にこの日は行けない。」

です。
スパイク長靴でもあれば別なんでしょうけど、この日は持ってません。

この滝の真の力を五感を使って感じたいです。 

見返って神庭の滝18神庭の滝


あと、上流の2滝の話。
この滝に関しては2回目があるとなったので行きませんでしたが、
  神庭の滝19

林道星山線(画像クリック)。
これがその道やと思います。

布引の滝~時間潰し~

ども!

関西出張中に神戸で飲むことがありまして。
姫路城
  姫路城
にその前に行ったんやけど、予定より早く姫路をあとにしてしまい、
時間が余ったので、
三宮から歩いて名瀑に行ってきました。

新神戸駅付近から小雨が降ってきて
心配になりましたが、なんとかもってくれて^^;

さぁ、1年半ぶりかな?

冬に来ると、葉っぱがなくて見やすくなりますね(^○^)

雌滝
  神戸布引雌滝2015_02_15

久々に来ると意外に良い滝でビックリです笑

登山道を登ると、夕方だけあって下りてくる人にすれ違います。

鼓滝
  神戸布引鼓滝2015_02_15

この滝こそ、冬にしかよく見えへんのちゃいますかね。
それよりもビックリなんが、
「あれ?水きれいになってる」

前回来たときは滝壺汚かったのに。

何があったかは存じ上げませんが、
美しくなることは素晴らしいことです\(^o^)/

そして、到着です。
まずは夫婦滝
        神戸布引夫婦滝2015_02_15

いろんな夫婦滝を見てきたんですけど、
(数えたら6でしたけどw)
個人的にはこいつが結構好きやね。

視線を上に移して 布引の滝 雄滝
  神戸布引雄滝2015_02_15

改めて出会ってみると、その素晴らしさがわかりますね(^_^)
岩肌に魅かれましたヽ(^。^)ノ
やっぱ市街からちょっとで来れるって素晴らしい。
久々に滝の前でぼーっとしました♪

四十三万滝~撮零~

明けましておめでとうございます!
今年もどうぞ滝紀行の御愛読よろしくお願いします♪

さて、私自身想定外なんですが、
2015年の滝初め、まさかの熊本県。
しかも再訪となりました笑

それも、妹が九州に来るということで
慌てて計画して、森林目当てで行くことになりました(^o^)

場所は、菊池渓谷で検索すればすぐ出ます。
はい、もうわかりましたね笑

でも!
どうせいくなら前回その存在に気付かず
通りすぎてしまった滝たちにも会おうと決め、
今回は下調べして行きました(^_^)

時間は15時10分。
無料の第一駐車場に着いた二人は
来た道を歩いて戻りました。

歩道には苔が生えていてクッションになってます。

6分ほどやったかな?
歩くと、こんな立派な看板があるでは!!
  菊池渓谷再訪2
しかしよ。
なかなかきれいに見えるポイントが道路上にはないんだわ。

一人で、滝巡り用の服装、靴やったら危険も承知で柵を乗り越えるんやけど、
今回は時間も限られてたし

これで諦めることに。
一剣払いの滝
      菊池渓谷再訪3一剣払いの滝


そこから1分で菊池渓谷再訪1逢い初めの滝看板
今度はこんな案内があるんですわ。

これも一剣払いの滝同様パスです。
菊池渓谷一、美しい滝壺をもつ滝らしく、
少し惜しい気持ちを抑え込みました笑

さて、車を渓谷入口に一番近い、
第三駐車場に移して、渓谷へ(^^)
冬季休業中ということもあり、
駐車料金も、入渓料もタダでした♪
ここからは夏の推量豊富な姿に対する、
晴れが続いてた冬の姿をご紹介いたします。


黎明の滝 下段
       菊池渓谷再訪4黎明下流

黎明の滝
  菊池渓谷再訪5黎明

竜ヶ渕の滝
  菊池渓谷再訪11

天狗滝
    菊池渓谷再訪6天狗

四十三万滝
  菊池渓谷再訪7四十三万滝

広河原の滝
  菊池渓谷再訪8

ここから新しいの再び!
広河原上流の小滝群
  菊池渓谷再訪9
これは滝の形が良いですねん。

その上流菊池渓谷再訪10

前回は通行止やった所も一部解除されてました\(^^)/



終始私たちの前をカップル?が歩いてたんやけど、
女の方が退屈そうで、見てて二人で話のネタにしてしまいました(^^;笑

自分も、霧のかかる冬の森林の空気は
普通の空気で、ちょっと申し訳なかった笑
水の色も前回を知ってるだけに^^;


というわけで、、、
終わりたいんですけど

最後にひとつだけとっておきました。
  菊池渓谷再訪12


渓谷入口に看板があって
地下通路の前に滝の名が刻まれた石の棒があります。

でも!
橋の上が一番見えました。
というか地下通路んとこ見えへんし(´・ω・`)

掛幕の滝
  菊池渓谷再訪13掛幕の滝

正面からは菊池渓谷再訪14掛幕の滝

落差は渓谷一です。
やっぱわかりづらいのと
一般人には撮影ポイントが見つけにくいのは
やっかいです。



結果、また撮り零しが出てしまいました。
次はいつ来れるやろ(^○^)

出航前に~涙涙~

翌朝はやっぱ起きれませんでした。

急いで「愛子」にぴったりの縄文水を探しました。笑
結局、前日に行った武田産業でジュースも一緒に買いました。
実家におる未成年用です(  ̄▽ ̄)
正月は屋久島祭りを家族でしたいと思います。

前日の夜、一緒に温泉で流れ星を見た女性は縄文杉へ向かったので
挨拶はできませんでしたが、
男性の方とは言葉を交わし、
宿のスタッフの方にも挨拶し、お別れしました。




時間があまりなかったので
トローキの滝に再び赴き、
前日よりも潮がひいて落差の伸びた←
姿を旅の最後、見納めました(´・c_・`)
  屋久島3日目1
トローキの滝上流です。
千尋の滝の一枚岩が見えますよ(^.^)
遠くから見てもでかすぎ!

トローキ落ち口屋久島3日目2
わかるかな?

そして、トローキの滝
  屋久島3日目3トローキ

拡大やでー屋久島3日目4トローキ
前日と違って、
水位が下がり、
水量が減ったために滝壺がよく見え、
滝壺もエメラルドで本来の姿になってました。

最後のひとつをこの滝にして大正解!
東シナ海も屋久島3日目5



ここで、ちょっと遊んでみました。
  屋久島3日目6トローキ

        屋久島3日目7






レンタカーを惚れる声の持ち主に返し、
そこで出会ったおじいちゃんに安納いもをもらって、
らいんを交換し←
うどんをごちそうになって
やってきました。。。屋久島3日目8

出航前、まさかまさか。
宿のスタッフのおばちゃんがフェリー乗り場の売店に!!!!
すでに泣きそうになってたんで、
再会できて嬉しかった照

最後、もう一度別れの挨拶をし、
トッピー君は動き出しました。

中で泣いたのは内緒です。
海の上で、めちゃくちゃきれいで濃い虹が架かりました。
でも、焦点が合わず、撮れませんでした(・へ・)

この旅は自分の人生に大きな変化をもたらしてくれるに違いない。
そんな素敵な一人旅に関わってくださった方々。
きっとこのブログに辿り着くことはないやろうけど、
ほんまにほんまにありがとうございました(;O;)
桜島屋久島3日目9

ご案内

プロフィール

ぱる

Author:ぱる
偶然な出来事から滝100選をマスターする気になった一人の青年の滝巡り紀行。
当初の100箇所以外にも滝に行くようになり、
とてもブログを綴り切れなくなりました。
なのでHPもご覧ください。
http://palmap.web.fc2.com/

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。